神社周辺案内
○ 一の大鳥居

古峯ヶ原街道を神社方面に向かうと、神社の手前約6kmの場所に大きな「一の大鳥居」がございます。
この一の大鳥居は、鳥居(神社の参道入口や境内に立つ神域を示す神門の一種)の中でも最も優雅で、しかも神厳優美を誇る明神型を採用しております。
基礎は鉄筋コンクリート造で、底面巾6メートル、長さ10メートル、深さ3メートル(左右同じ)という丈夫な土台(基礎)の上に立っており、本体は、厚さ1センチ2ミリという耐候性鋼板(特別丈夫な鉄板)で全部溶接構造で組み立てられております。鳥居の地盤上の最高の高さは、24.622メートル、笠木の長さ34.240メートルで柱の太さは直径2.4メートルあり、鋼材重量だけでも実に100トンにのぼります。鳥居最高の高さは、8階建てビルに相当しており、太さは、大人6人が両手を広げて繋ぎ、やっと回せるほどのものです。特に、夏の雷の被害などもないように、笠木には、避雷針がもうけてあり、強度の地震にもたえられるよう造られております。


一の大鳥居

この一の大鳥居は初代一の鳥居(寛政9年建立)から数えて4代目に当ります。建立は昭和49年1月、竣工祭には三笠宮寛仁親王をお迎え申しあげ、全国の崇敬者代表工事関係者報道人など、500余名が参加する中で盛大に執り行われました。
大鳥居脇にございます記念碑の表面の文字も、三笠宮様に御直筆を賜ったものです。
○ 古峯ヶ原高原

神社から西へ進むこと約4qの地点に、横根山に包まれた古峯ヶ原高原があります。この高原からは、白雲たなびく、男体山・女峯山・白根山・富士山・赤城山・庚申山・地蔵・薬師・夕日ヶ岳などの、霊峯の雄大な姿を望むことが出来ます。足尾の中心街まで約八キロ。西は渡良瀬、北は大谷の両断層で、関東地方北西隅の一角に当り、標高(海抜)は1,300メートルあります。緩やかな波状連丘に広がるこの高原には、樅(もみ)・栂(つが)・レンゲつつじなどが群生し、野鳥の楽園でもあり、水源地としても大事な役割を果たしております。

古峯ヶ原高原
春夏秋冬、四季おりおり、高原ならではの風情をたたえ、ハイキングコースとしても最適です。この高原は一万ヘクタール(一万町歩)という広大な面積をもち、前日光県立公園に指定されております。
○ 深山巴の宿

古峯ヶ原高原(横根山)山頂にある深山巴の宿は、日光開山の勝道上人が、明星天子の示現により、修行の地として定められた所で、白樺・樅・みず楢・白八汐などの樹木の中に、巴形に清水が湧き出る池があり、現在では禊場としても使われております。上人は此處に草庵を結び、古峯の大神の御神威と、古峯ヶ原の人々の援助によって修行を積まれました。所謂、日光開山の発祥の地となった所であり、後には全日光僧坊達の修行の場として、一千年の永きに亘り明治初年に至る迄行われた所でもあります。現在では、上人の偉業をたたえて奥宮をお祀りしております。
栃木県重要文化財に指定されております。


※冬期(12月〜3月頃)は古峯ヶ原高原および深山巴の宿の周辺は道路の路面凍結・積雪などにより危険なため、散策・参拝はお勧めしておりません。

深山巴の宿




トップページへ